【1記事でわかる】エクセル分析ベーシックは役に立つ?ビジネス統計スペシャリストの難易度・勉強方法

Excelを一通り使えるようになったらきちんと勉強したいのが、統計学を応用したExcelのデータ分析スキル。

しかしながら、どのように統計学とExcelを勉強したらよいかわからない人も多いのではないでしょうか?そこで編集部がおすすめしたいのが「ビジネス統計スペシャリスト」という資格です。

ビジネス統計スペシャリストは、Excelでのデータ分析スキルを証明する資格。難易度に応じて、初級者向けの「エクセル分析ベーシック」と中級者向けの「エクセル分析スペシャリスト」に分かれています。

なかでも、本記事では、統計学やExcel初学者向けの「エクセル分析ベーシック」についてご紹介します。

現役のデータサイエンティストの視点から、ビジネス統計スペシャリストとはなにか?の解説から、「エクセル分析ベーシック」の難易度や勉強方法まで網羅的に解説していきます。

監修者
經田 原弘
東京大学大学院新領域創成科学研究科複雑理工学専攻修了。大学時代は3次元の医療データの平滑化処理を研究テーマとし、大学院時代はJAXAと協業し、月探査機かぐやの衛星データから、月面上の水の存否について調査していた。新卒では株式会社リクルートにてレコメンドシステムの開発等に従事し、現在は製造業系スタートアップにてデータサイエンティストとして勤務。応用情報技術者試験・E資格合格者。

【Udemy講座】サイト限定でDS検定講座クーポン配布中!

  • 元リクルート・東大院卒(JAXAと共同研究)監修のデータサイエンティスト検定の対策講座をUdemyで配信中
  • 機械学習に必要な数学知識も基礎から丁寧に解説
  • 期間限定&業界最安!サイト内限定クーポン利用で1,600円で受講可能(正規価格は8,800円)

\ クーポン利用で1,600円/

目次

エクセル分析ベーシックの概要

ビジネス統計スペシャリストのロゴ画像
出典:ビジネス統計スペシャリスト公式HPより

ビジネス統計スペシャリストはビジネス現場で必要となる統計知識とExcelでのデータ分析技能を証明する資格試験です。

Microsoft Office製品の活用スキルを評価する「MOS」や、Pythonの文法基礎を問う「Pythonエンジニア認定試験」などで知られる株式会社オデッセイ コミュニケーションズが運営しており、権威性・信頼性のある資格といえるでしょう。

初級者向けの「エクセル分析ベーシック」と中級者向けの「エクセル分析スペシャリスト」の2段階で構成されています。

スクロールできます
求められる知識
エクセル分析ベーシック・統計検定3級程度の知識(中央値・最頻値など)
エクセル分析スペシャリスト・統計検定2級程度の知識(F検定・カイ二乗検定など)

エクセル分析ベーシックの試験概要は以下の通りです。

スクロールできます
エクセル分析ベーシック
学習内容・統計検定3級程度の用語(レンジ・標準偏差・散布図・最適値など)
・統計検定3級程度の計算(中央値・最頻値など)をExcel関数で算出する
問題数40問前後(選択問題、穴埋め問題)
試験時間60分
試験方法コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
受験料一般価格:6,600円(税込)割引価格:4,400円(税込)
試験会場・試験日試験会場:Odysseyが認定した全国のパソコンスクールや専門学校
試験日:会場により異なる
※詳細はこちら
※割引価格はMOS、IC3、VBAエキスパート、コンタクトセンター検定試験、ビジネス統計スペシャリストの資格を1つでも取得している方と試験当日に学生の方に適用されます。割引価格の利用方法は「割引受験制度」をご覧ください。

試験はCBT形式で、問題数は40問前後・試験時間は60分です。1問あたり1分半ほどの時間しかないので、統計学の語句問題は素早く解いた方がよいでしょう。

試験日は会場により異なりますが、週1回は試験を実施している会場が多くあります。そのため、自分の都合のいいタイミングで毎週受験することができます。

ビジネス統計スペシャリストと統計検定の違いは?

統計検定は「理論」としての統計学を問う試験なのに対して、ビジネス統計スペシャリストは統計知識をExcelで応用できるようにする「実務」に主眼を置いた資格検定です。

なので、統計検定の問題は各単元に対して数式を用いて計算したうえで回答する問題形式ですが、ビジネス統計スペシャリストは「統計用語」に対する選択肢形式に加えて、Excel操作の問題も出題されます。

統計学の知識とExcelのデータ分析スキルを身に付けることができるので、実務でExcelのデータ分析を使いたい方にはビジネス統計スペシャリストがおすすめです。

また、2021年に新設された「統計検定 データサイエンス基礎(DS基礎)」は、ビジネス統計スペシャリストと同様に統計学とExcel操作を学べる試験なのでおすすめです。興味のある方はぜひこちらの記事もご覧ください。

エクセル分析ベーシックの難易度

ここからはエクセル分析ベーシックの出題範囲、難易度を見ていきましょう。

出題範囲と対応するExcel操作

下記のエクセル分析ベーシックの出題範囲をご覧ください。

エクセル分析ベーシックでは統計学の基本的な用語とExcel操作が主な出題範囲です。

スクロールできます
大分類中分類Excel操作(例)
ビジネスデータ把握力1.平均
2.中央値
3.最頻値 
4.レンジ 
5.標準偏差 
1.AVERAGE関数
2.MEDIAN関数
3.MODE関数
4.MAX関数・MIN関数
5.STDEV. P関数・STDEV. S関数
ビジネス課題発見力1.外れ値の検出 
2.度数分布表
3.標準化
4.移動平均 
5.季節調整
1.QURATILE.INC関数・QUARTILE.EXC関数
2.FREQUENCY関数
3.STANDARDIZE関数
4.5.分析ツール
ビジネス仮説検証力1.集計 
2.散布図 
3.相関分析 
4.回帰分析 
5.最適値
1.RANK.EQ関数・SUMIF関数・COUNTIFS関数・ピボットテーブル
2.分析ツール
3.CORREL関数・分析ツール
4.FORECAST()関数・分析ツール
5.ソルバー
ビジネス統計スペシャリスト公式HP エクセル分析ベーシック出題範囲を参考

出題は大きく ➀統計学の知識問題 ②Excel操作問題 に分かれています。(画像は公式HP掲載のサンプル問題です)

➀統計学の知識問題 出題例

ビジネス統計スペシャリストエクセル分析ベーシックのサンプル問題1
ビジネス統計スペシャリストエクセル分析ベーシックのサンプル問題2

上記の問題のように「用語に関して、正しい説明を選択肢の中から選ぶ問題形式」が多いです。そのため、公式対策テキストで統計学の基本用語を理解することが重要になるでしょう。

②Excel操作問題 出題例

ビジネス統計スペシャリストエクセル分析ベーシックのサンプル問題3
ビジネス統計スペシャリストエクセル分析ベーシックのサンプル問題4

上記の問題のように最頻値や平均値などをExcelで計算することが求められます。統計学の基本的な用語(最頻値・平均値など)を理解して、それをExcel関数で算出することを目標に学習するとよいでしょう。

合格点・難易度

合格点は700点以上(1000点満点)です。合格者数や合格率は非公表ですが、エクセル分析ベーシックの出題範囲と類似している「統計検定3級」の合格率を参考にすると、合格率は60~70%程度ではないかと推察しています。

そのため、しっかりと試験対策に取り組めば、比較的合格しやすい試験といえるでしょう。

参考:統計検定3級合格率の推移

スクロールできます
試験日合格率(統計検定3級)
2021年6月75.6%
2020年(試験実施なし)
2019年11月61.8%
2019年6月69.0%
統計検定公式HP 受験データより

合格に必要な勉強時間

今回は編集部がGoogle検索でエクセル分析ベーシックの合格者体験談をピックアップし、受験対象者の前提知識、学習にかかった勉強時間、勉強につかった手段(本、講座など)を具体的にまとめてみました。

Excel・統計学の初学者でも4日程度(20時間程度)の勉強時間で合格していることから、比較的合格しやすい試験といえるでしょう。

スクロールできます
記事タイトル前提知識勉強時間勉強方法
【誰でも合格!】エクセル分析ベーシックの勉強方法【たった5日間】・Excel経験は高校の授業
・Excelでの分析は初めて
5日間・公式対策テキストと公式模擬テストを何度も復習
ビジネス統計スペシャリスト エクセル分析ベーシックの合格記・Excelは最低限のSUM関数、VLOOKUP関数しか知らない
・普段業務では使用していない
20時間・公式対策テキストと公式サンプル問題を解く
・会社提供の講座
【試験資格勉強】ビジネス統計スペシャリスト エクセル分析ベーシック(基礎レベル)に合格しました・基礎レベルのExcelの知識4日間・公式対策テキストと模擬試験

エクセル分析ベーシック合格者の勉強方法

上記合格者の実例を鑑みて、編集部では下記のような勉強方法をおすすめします。

  1. エクセル分析ベーシックの公式対策テキストを一巡し、章末問題を解く
  2. エクセル分析ベーシックの公式模擬テストを解き、弱点をテキストで復習

ビジネス統計スペシャリスト専用の対策本は公式対策テキスト・模擬テスト以外にありません。

合格のコツは公式対策テキストで「手を動かしながらExcel操作を学習すること」と模擬テストで「問題演習を積み、試験形式や頻出出題に慣れること」です。エクセル分析ベーシックの公式対策テキストは下記のリンクから購入できます。

エクセル分析ベーシック対策のおすすめ本・参考書4選

ここからは編集部おすすめの参考書を紹介しています。

統計学の知識とExcel操作を学ぶ:『Excel で学ぶ ビジネスデータ分析の基礎』

先ほどもご紹介した通り、ビジネス統計スペシャリストエクセル分析ベーシックの試験対策ができる唯一の公式対策テキストです。

統計学の知識とExcelでのデータ分析を結び付けながら1冊で学習できます。

前述のエクセル分析ベーシック合格者はどちらも公式対策テキストを活用しています。エクセル分析ベーシック合格には必須の1冊といえるでしょう。

公式模擬テストで問題演習を行う:『ビジネス統計スペシャリスト エクセル分析ベーシック 模擬テスト』

公式対策テキストで知識を身に付けたら、問題演習で知識のアウトプットをしましょう。

実際に問題を解くことで、自分の理解できていること、理解できていないことが明らかになり、効率よく学習を進めることができるようになります。

また、公式模擬テストはWEB形式で行うことができます。本番の試験もコンピューター上で実施するCBT形式であるため、本番と同様の操作に事前に慣れることができます。

公式模擬テストの購入はこちらからどうぞ。

【編集部おすすめ】基礎から学ぶ統計学

created by Rinker
¥3,450 (2024/04/17 13:22:02時点 Amazon調べ-詳細)

統計学の基礎を学ぶにあたり、編集部が心からおすすめする参考書が「基礎から学ぶ統計学」です。2022年に発売されているのにもかかわらず、Amazonレビューがほかの統計系の書籍と比較しても、ほぼ最高評価(★4.7 *2023年7月時点)です。

著者は北海道大学で20年以上教鞭に立って理系学部2-3年への統計学講義を続けてきた実績があり、カリキュラムは「仮説検定」「相関分析」「単回帰分析」など統計検定2級程度の必須統計知識を非の打ち所がない王道です。

本書の特徴は、①とにかく数学のハードルが低く(高校1-2年程度)、初心者が学習を始めるにあたってのレベルがほどよく、②カラーかつ図でわかりやすく説明していることです。

Amazonの商品詳細ページより引用

統計学を基礎から学びたい方におすすめ:『完全独習 統計学入門』

created by Rinker
¥1,980 (2024/04/17 17:14:17時点 Amazon調べ-詳細)

ビジネス統計スペシャリストの公式対策テキストと比較してより基礎的な内容から統計学を学ぶことができます。

「最初から公式対策テキストで統計学の知識とExcel操作を結び付けて学ぶことが不安」
「統計学の知識をゼロからしっかり学びたい」

という方におすすめの一冊です。

ビジネス統計スペシャリストの対策本ではありませんが、初歩の初歩からスタートしながらも、統計学の最重要項目である「検定」や「区間推定」まで学習することができます。

Excel操作を基礎から学びたい方におすすめ:『Excel 最強の教科書』

created by Rinker
¥1,584 (2024/04/17 05:31:15時点 Amazon調べ-詳細)

ビジネス統計スペシャリストの公式対策テキストと比較してより基礎的な内容からExcel操作を学ぶことができ、幅広くExcel操作について学ぶことができます。

Excelを今まで使ったことがない・Excel操作について深く学びたいという方におすすめの一冊です。

「セルの色の変え方」や「非表示機能の使い方」などExcel操作の基礎から、Excelのデータ分析で活用する重回帰分析やソルバーについてなども学ぶことができます。

まとめ

ビジネス統計スペシャリストエクセル分析ベーシックについての理解は深まったでしょうか。

統計学の知識とExcelでのデータ分析を学ぶことができるので、実務でExcelでのデータ分析を活かしたい方はぜひ受験してみましょう。

ビジネス統計スペシャリストの取得メリットや勉強方法を知りたい方はこちらの記事もぜひご覧ください。

また、統計学の知識を専門的に深めたいという方はぜひこちらの記事もご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「Ukatta!」は資格を一覧、検索できる資格のデータベースサイトです。コンテンツは専門家の監修・指導を受けながら、執筆・編集しています。読者に資格学習のきっかけやモチベーションを提供することで、最短合格を支援します。

目次
閉じる